· 

月謝という言葉

教室を立ち上げたときに

教室パンフレットを作っていて

「月謝」という言葉に抵抗があって

「レッスン代」と書きました

「先生」と呼ばれることにも照れがありました

 

私が所属するリトミック研究センターの

イベントを行なったとき

舞台の上には私の師匠と、アシスタントとして私がいました

いろんな教室の生徒を師匠が公開レッスンしたのです

 

流石に師匠は課題の提示やまとめることが上手で

勉強のために手取り足取り師匠を見ていました

 

次のクラスで舞台の上に私の生徒が

他の教室の生徒と混ざって上がってきました

 

その時に

「この子達にとって『先生』は私なんだ」

「私が自信を持たないことはこの子達に失礼なことなんだ」

と思ったのです

 

子どもから見たら師匠も私も違いはなく対等なのです

「私が」この子達を育てるんだ

「私に」教える責任があるんだ

 

目が覚めたような日でした

 

レッスン代ではなく月謝という言葉を使うのは

「教えてもらうことに感謝ができるように」

「親がお金を出して

習わせてくれていることに感謝できるように」

そういう心を育ててあげたいと思えるようになったからです

 

偉い人に払うものを「月謝」と呼ぶのではないことに

先生という立場になって気付けました